2010年08月20日

エリザベスカラー その2



大豆は、口周りを掻かないように、カラーを付けています。

DSCF4615ecut.jpg




コロも、大豆が付けているならと、

マラセチアの指先を舐めないように、カラーを付けることにしました。

DSCF4559e.jpg





大小カラー犬です。

DSCF4551e.jpg






「あら?」

DSCF4545e.jpg







「わたしにも、ください。」

真剣です。

小豆は、問題ないからいらないのよ。

DSCF4530e.jpg











そういえば、こちらさんも、カラーでした。

DSCF4627e.jpg

あんこ、猫らしくなってきました。

環境に慣れて、少し余裕が出来たのでしょうか。

兎のハナの昔使っていたケージに入れているのですが、

「だしてくださいニャ〜」と、なきます。

食べているのかいないのか的な食事量ですが、一応元気です。

兄妹とも、お互いの存在を理解できたようです。

仲良くしてね。





もう片方の問題の、きなこですが、元気です。

獣医師の助言で、

処方食をきちんと食べてくれないので、

高カロリーキドナのチューブ食を

1日に何回かに分けてシリンジで無理やり流し込み、

必要最低限のエネルギーを確保しています。

まずいらしく、抵抗がすごく、大変な作業です。

私は、少量しか入れられず、ほとんど娘が奮闘です。

その甲斐あって、


「わたし、げんきになりました。

 ごしんぱいおかけしました。」

DSCF4613e.jpg






「なにこれ?わたしのスカートよりおおきいわ。」

きなこ、復活です。

DSCF4604e.jpg




動物園化?病院化?した我が家ですが、

皆其々の仕事を分担して頑張っています。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テリアミックスの洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

ぼやき


今のところ、

きなこもあんこも元気にしています。



この暑さの中、どうすごしたらよいのでしょう。

何もしないのに、汗ダラダラ、私、1日のお召し替え3回です。

家中丸ごと冷房なんてできるわけもなく、1部屋涼しくしておき、

冷気を吸いに休憩する感じです。

家の中、あちらこちらにペットが点在しているので、

扇風機とタイマー大活躍です。

タイマーも、30分おきにオンオフを繰り返しています。

それと、冷凍したペットボトルを、扇風機の前に置き、

冷風を送る・・・かなり原始的な方法です。


早く、すずしくな〜れ!


きなこが我が家に来てから、洗濯物が倍になりました。

あんこが我が家に来てから、洗濯物が、さらに倍になりました。

洗濯係りの私は、毎日、せっせせっせと、

洗濯物を屋上に、ほしています。

すぐに乾いてありがたいのですが、暑い!


先日、美容院に行くと、

「手が日焼けしていらっしゃいますね。どこかにお出かけでしたか?」

そうなんです、真っ黒なんです。

「洗濯物を屋上に干しているので・・・」

「そうですか・・・」

この会話終了でした。


実は、手だけではなく、顔も真っ黒なんです。

帽子をかぶって干してはいるのですが、照り返しで焼けるようです。

でも、かわいい家族のため、日焼け等、なんのその!

洗濯オバサン、今日も頑張ります。


何故か、本日は、ぼやきでした。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

エリザベスカラー


お陰様で、

きなこは、元気になり、通院も間をあけて経過観察です。

いつまで、この状態が、続けられるか分かりませんが、

一日でも長く、家族として過ごせればうれしいです。


重傷あんこ、低空飛行なりに、元気なので、

こちらも、経過観察することになりました。

「ニャー」と、鳴くと「猫」なんだ!なんて、思ってしまいます。

相当、犬に近い猫だそうで、猫飼育初心者としては、

飼いやすいと、獣医さんに言われました。


どちらも、大変手がかかりますが、大切な命、

つなげていきたいです。


私は、活動するエネルギーがない感じです。

暑いし、年を感じる今日此の頃です。




アレルギー治療の大豆は、

フードだけではなかなか改善しません。

いつも、口周りをかいているので、

エリザベスカラーを付けて様子をみることにしました。



着用です。

「なに?それ!」

「・・・・・」

DSCF4497k.jpg




「ずっと、つけてるのですか?」

落ち込む大豆です。

DSCF4498k.jpg



DSCF4509kmoji.jpg





「あ〜あ、これをつけていないといけないのですか。」

DSCF4513k.jpg




「大豆、よく似合う!」

「かっこいい!」

「男らしい!」

カラーを嫌がらずに付けて欲しく、

口から出まかせ、必死の飼い主です。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テリアミックスの洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

はじめまして



お陰さまで、シニアのきなこ、何とか復活です。

今は、点滴の間隔をどの位あけられるか、経過観察中です。

しかし、わがままきなこ、たべてくれず、前途多難です。

あと、どの位一緒にいられるか分かりませんが、

毎日を、楽しく過ごしてくれればうれしいです。





さて、我が家に新しい家族が突然やってきました。

ご紹介します。

猫の「あんこ」です。

DSCF4454a.jpg


7月22日、婿が仕事帰りに「ニャーニャー」と、寄ってくる負傷猫を、

保護し、そのまま動物病院に連れて行きました。

婿は3回も出会い、縁だと思います。

先生の治療の甲斐あって、命を取り留めました。

人懐っこい猫で、かわいいです。

傷の治療も積極的にさせてくれる、かなり個性的な猫です。




「ぼくたちの、なかまですよ。」

「わたし、なかよくするわ。」

DSCF4459a.jpg

まあ、何とか、距離を置き兄妹と過ごしています。

最近、お互いに慣れてきた気もします。

仲良くしてね。


DSCF4450a.jpg


どこが、負傷しているかと、申しますと、

恐ろしい位の頬の傷です。

先生の診立てですと、ヘビにかまれたであろう。

浸出液、血液が出ていますので、ナプキンをあてています。

毎日、洗浄したり、ケアが必要です。

しかし、一向に改善される気配がなく、今後をどうするか、

先生と相談中です。

でも、縁あって出会い、先生のお陰で取り留めた命です。

何とか、つなげていきたいです。




傷とか、ご覧になりたくない方は、ここでおやめ下さい。

物凄い写真が続きます。






































少しも良くならないこの状態を、どうすべきかと、

娘夫婦と先生は、いつも治療方針の相談をしています。

折角、縁あって救い、先生に助けて頂いた命。

少しでも長くつなげて行きたいのですが。


DSCF4495a.jpg



こんな顔ですが、生きようとする力は凄いものです。

痛いのに、たべようと努力する姿は、感動的です。

頑張れ、あんこ!


咬まれた傷です。

DSCF4439a.jpg

DSCF4444a.jpg




きなこの状態も復活し、

ほぼ毎日の病院通いより、解放されました。


犬4頭、猫1匹、兎1羽の動物園化?病院化?した我が家です。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テリアミックスの洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

その後



ご心配をおかけしましたシニア障害犬きなこ、

何とか危機を脱出、皮下点滴になり、経過観察中です。


猫も、いろいろ先生と治療の方向性を模索しつつ、

生命維持をしています。


まあ、重なる時は、重なるものです。

ほとほと疲れました。


それに、精神的に、保護仲介の方の言葉で、まいりました。

ご自身のブログには「とても良く診て下さってありがたい」とか、

お書きになっていますが、私に浴びせた言葉は何だったのでしょう。

おっしゃった方は、それほどの意味はなかったのでしょうが、

言われた私は・・・

「どうして、責めるのですか。」と、口惜し泣きしてしまいました。

きなこが逝って、その方と縁が切れましたら、詳細を述べたいと思います。

私は、今後、その方と、コンタクトを取るつもりはありません。




ということで、何とか、皆やっております。

ご心配を、おかけいたしました。

大豆と小豆は、元気にしております。


また、お休みします。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

怒涛の日々




毎日毎日、多忙な日々を過ごしております。

とても、ブログを更新する気力もなく、今日に至りました。

また、しばらくお休みします。


実は・・・

22日夜、婿が道で、負傷野良猫と出会い、保護しました。

新しく出会った動物病院の先生が、手厚く診て下さり、命は、取り留めました。

23日より、今度は、兎がフードを食べなくなり、診て頂き、

こちらは、3日で回復しました。

猫は、家に引き取りましたが、左頬を蛇に噛まれたらしく、重症ですが、

性格が、人間大好き、そして傷(頬と口腔内と一部、貫通しています)の

処置をさせてくれるので、医療系の我が家なら、もしかしたら生きられる・・・と、

先生も、ご判断し、我が家の猫としました。

凄い傷の猫です。


そうしているうちに、きなこが、全く食べなくなり、急性腎不全になり、生死をさまよいました。

お陰さまで、最悪の状態からは、脱したのですが、まだまだ、これからです。

猫は、敗血症になり、生命維持がやっとです。


一応、きなこの状態を保護仲介の方にご報告しましたら、

物凄い剣幕で、腎不全になった事を責められました。

怒られました。

今まで、飼い主として何をしていたのかというくらいです。

はっきり申して、きなこが腎不全になった事より、ショックでした。

いづれ、落ち着きましたら、この事について、書きます。

問題提起をしたいとおもいます。

そして、今の私の気持ちは、「二度と里親にはならない」です。



きなこは、毎日、日帰り入院しています。

まだまだ、予断を許せません。

猫も1日2回も通院したり・・・・・

動物病院が別宅になってきました。

先生、スタッフの方々が、とても良く診て下さり、ありがたいです。


主人の入院手術も、もともと8月に予定が入っていたので。

どうなるのでしょう。

主人より、ペットですね。

ということで、当分、怒涛の日々を過ごしそうです。

落ち着くまで、夏休みです。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。