2010年08月11日

はじめまして



お陰さまで、シニアのきなこ、何とか復活です。

今は、点滴の間隔をどの位あけられるか、経過観察中です。

しかし、わがままきなこ、たべてくれず、前途多難です。

あと、どの位一緒にいられるか分かりませんが、

毎日を、楽しく過ごしてくれればうれしいです。





さて、我が家に新しい家族が突然やってきました。

ご紹介します。

猫の「あんこ」です。

DSCF4454a.jpg


7月22日、婿が仕事帰りに「ニャーニャー」と、寄ってくる負傷猫を、

保護し、そのまま動物病院に連れて行きました。

婿は3回も出会い、縁だと思います。

先生の治療の甲斐あって、命を取り留めました。

人懐っこい猫で、かわいいです。

傷の治療も積極的にさせてくれる、かなり個性的な猫です。




「ぼくたちの、なかまですよ。」

「わたし、なかよくするわ。」

DSCF4459a.jpg

まあ、何とか、距離を置き兄妹と過ごしています。

最近、お互いに慣れてきた気もします。

仲良くしてね。


DSCF4450a.jpg


どこが、負傷しているかと、申しますと、

恐ろしい位の頬の傷です。

先生の診立てですと、ヘビにかまれたであろう。

浸出液、血液が出ていますので、ナプキンをあてています。

毎日、洗浄したり、ケアが必要です。

しかし、一向に改善される気配がなく、今後をどうするか、

先生と相談中です。

でも、縁あって出会い、先生のお陰で取り留めた命です。

何とか、つなげていきたいです。




傷とか、ご覧になりたくない方は、ここでおやめ下さい。

物凄い写真が続きます。






































少しも良くならないこの状態を、どうすべきかと、

娘夫婦と先生は、いつも治療方針の相談をしています。

折角、縁あって救い、先生に助けて頂いた命。

少しでも長くつなげて行きたいのですが。


DSCF4495a.jpg



こんな顔ですが、生きようとする力は凄いものです。

痛いのに、たべようと努力する姿は、感動的です。

頑張れ、あんこ!


咬まれた傷です。

DSCF4439a.jpg

DSCF4444a.jpg




きなこの状態も復活し、

ほぼ毎日の病院通いより、解放されました。


犬4頭、猫1匹、兎1羽の動物園化?病院化?した我が家です。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テリアミックスの洋服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。