2010年07月08日

お嬢様のお食事



先週の話です。

きなこが、毎日処方食をきちんと食べないので、元気がなくなってきました。

我がままで食べないと思って、こちらも、処方食を

あれやこれや、工夫をして与えたのですが、どうしても食べません。

段々に量が減り、

ついに、1日、何も食べませんでした。

極限になったら、食べるかと思ったのですが、

なかなかどうして根性があり、

「こんな、まずいフードを食べる食らいなら、餓死した方が良いわ。」

の勢いです。

試しに、サプリメントをやってみると、食べて

「もっとちょうだい」とアピールです。

食欲は十分あるのです。

シニアですし、食べられるうちに、食べておいた方がよいと思い、

きなこのわがままを聞いてあげようと、受診を兼ねて相談に行ってきました。

先生は、始めは、具合が悪くなったかと、思われたようですが、

フードを1粒出されると、きなこは「パクリ」。

「わがままかな〜」

メーカーの違う、処方食の缶詰を開けて下さると・・・

きなこ、ガツガツ食べます。もっと、下さい。

「きなこちゃん、わがままだな。お嬢さんだなあ。」先生苦笑。

診断名は「わがまま病」でした?。


とりあえず、缶詰の処方食なら食べるので、

ドライフードをうまく取り込みながら、食べさせることにしました。

でも、そのうちに飽きて食べなくなるでしょうと、先生の見解です。


きなこは、胆嚢が悪いので、「まず6か月を、目標に生きましょう。」

という状態です。

1日でも多く、一緒に過ごせるよう、わがままも聞いてやり、

食欲のあるうちは、しっかり食べさせたいと思います。


今は、ドライフードの粉砕と活性炭と、缶詰を混ぜています。

食欲も出て、元気になってきました。


きなこお嬢様のお食事準備に、婆やは、がんばります。



乳鉢を用意して

DSCN7640.jpg





フード10粒ほど、粉砕します。

DSCN7641.jpg





この程度で、良いようです。

DSCN7642.jpg




紙にあけて、

DSCN7643.jpg




包んでおきます。

とても、薬剤師(一応、私)が包んだとは思えない雑さ。

DSCN7644.jpg






これと活性炭を、缶詰に混ぜて、召しあがって頂いております。

今のところ、お口に合うらしく、美味しそうに、食べておいでです。

DSCN7646.jpg



保護先の動物病院で、いったい、どれだけの美味しい食事をしていたのでしょう。

好きなサンプルフード、食べ放題だったのでしょう。

5年も食べていれば、美味しい物を知っていますね。

きなこの残した、野菜スープを、コロはおいしそうに飲み、

さらに残ったスープを何倍も薄め、

大豆と小豆が、美味しそうに飲む。



グルメきなこお嬢様には、参りました。
posted by moko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155666401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。